映画 「この世界の片隅に」の原爆のシーンについて。 映画「この世界の片隅に」が…
映画 「この世界の片隅に」の原爆のシーンについて。 映画「この世界の片隅に」が気になり見に行こうかと考えているのですが、原爆の描写があると聞き、残酷な表現は苦手なので迷っています 。 見た人に聞きたいのですが原爆投下の際、どんなシーンがありましたか?またはだしのゲンのように残酷な表現はありましたか?(続きを読む)

この世界の片隅にというドラマで疑問に思ったのですが昔の男性は今と違って色々情…
この世界の片隅にというドラマで疑問に思ったのですが昔の男性は今と違って色々情報が得られませんよね?どうやって初夜とか迎えたのでしょうか?学校で学んだりするんですか?ちなみに私はマンガで知りました。(続きを読む)

「この世界の片隅に」の内容について 「この世界の片隅に」の中で疑問に思うことが…
「この世界の片隅に」の内容について 「この世界の片隅に」の中で疑問に思うことがいくつかありました。 一つ目は、玉音放送を聞いたすずさんたちは、日本が負けたということを理解していました。 以前、玉音放送は文語体だったため、内容を理解できた人は少なかったと聞いたことがありました。 ところがこの作品では、刈谷さんや堂本さんはなんとなく負けということを理解しているようでしたが、すずさんははっきりと理解して動揺する素ぶりをみせていたため、なぜすぐに内容を理解できたのか疑問に思いました。 二つ目は、玉音放送を聞いたすずさんが「暴力で従えとったいう事か。じゃけえ暴力に屈するいう事かね。」と発言していますが、日本が正義のためではなく侵略戦争をしていたということをどこから悟ったのか疑問に思いました。玉音放送ではそういったことを言っていないので、どこからそういうことを思ったのか不思議に思いました。 皆さまの思うところを教えていただければと思います。 ご回答をよろしくお願いいたします。(続きを読む)

「この世界の片隅に」の“片隅”に注目 話題の漫画で知る戦中の暮らし 東京・昭和館でコラボ企画展 – 産経ニュース
「この世界の片隅に」の“片隅”に注目 話題の漫画で知る戦中の暮らし 東京・昭和館でコラボ企画展産経ニュース東京都千代田区の昭和館で、漫画「この世界の片隅に」(こうの史代著、双葉社)と“コラボ”した特別企画展が開かれている。同館は、戦中戦後の国民の暮らしをテーマに国立博物館。漫画は、同じ頃に広島、呉で暮らす女性が主人公。平成28年にアニメ映画化されていまだに …(続きを読む)

『この世界の片隅に』 代用品や「伝単」、戦時下の暮らし – 毎日新聞
『この世界の片隅に』 代用品や「伝単」、戦時下の暮らし毎日新聞戦時下で金属が不足していたため、陶器にお湯を入れてつかう。あるいは「国策水彩絵具」。絵を描くのが好きなすずが、闇市で手に入れたシーンとともに実物を展示している。こうのさんは、この資料を同館で取材したという。 また「伝単」は、航空機などから散布されたビラだ。(続きを読む)