大腸検査、座れば楽に 自分で試してイグ・ノーベル賞 – 朝日新聞
朝日新聞大腸検査、座れば楽に 自分で試してイグ・ノーベル賞朝日新聞人々を笑わせ、考えさせた研究に贈られる今年のイグ・ノーベル賞の発表が13日(日本時間14日)、米ハーバード大(マサチューセッツ州)であった。座った姿勢で大腸の内視鏡検査を受けると苦痛が少ないことを自ら試した昭和伊南(いなん)総合病院(長野県駒ケ根市)の堀内朗 …イグ・ノーベル賞を12年連続で日本人が受賞。日本発の奇抜すぎる研究とは?ハフィントンポスト「自慢の父、誇らしい」 松本の堀内さんイグ・ノーベル賞中日新聞会場爆笑、自ら肛門に内視鏡でイグ・ノーベル賞 : 科学・IT : 読売新聞 …読売新聞ロイター -日本経済新聞all 94 news articles »(続きを読む)

【イグノーベル賞2018】「座ったまま大腸検査」で日本人が受賞し、会場の爆笑をかっさらう! – ニコニコニュース
ニコニコニュース【イグノーベル賞2018】「座ったまま大腸検査」で日本人が受賞し、会場の爆笑をかっさらう!ニコニコニュースノーベル賞のパロディであるこの賞の受賞対象は、ユニークで創造性に富み、知的好奇心を刺激するような変り種の研究。しかし選考は本格的で、本家ノーベル賞受賞者も選考員として名を連ねている。 授賞式では、研究の代表者に60秒間スピーチする時間が与えられるが、 …(続きを読む)

イグ・ノーベル賞:「黙らせる機械」日本人が受賞 タイムリーな話題です。騒がし…
イグ・ノーベル賞:「黙らせる機械」日本人が受賞 タイムリーな話題です。騒がしい中国人と韓国人に向けて使いたいです。 【記事】 ユーモアあふれる科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が20日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で行われ、迷惑を顧みず話し続ける人を邪魔する装置「スピーチ・ジャマー」を開発した産業技術総合研究所研究員の栗原一貴さん(34)、科学技術振興機構研究員の塚田浩二さん(35)の2人が「音響賞」を受賞した。 日本人の受賞は6年連続。選考関係者は「おしゃべりが過ぎる人をどう黙らせるかという、人類の根源的な欲求にこたえようとした点が評価された」と説明した。 毎日新聞 2012年09月21日 11時56分(最終更新 09月21日 13時15分)(共同) 報道番組で喋りだすと止まらない韓国の金某なる女性准教授などに使って欲しいものです。政治家の討論会もです。 皆さんのご意見やアイデアをお願いします。(続きを読む)

イグノーベル賞の「カエルの磁気浮上」ってとういったとこが凄いのですか?
イグノーベル賞の「カエルの磁気浮上」ってとういったとこが凄いのですか?(続きを読む)

イグノーベル賞の「イグ」とは何ですか。
イグノーベル賞の「イグ」とは何ですか。(続きを読む)