札幌が強い!都倉4戦連続弾などで3連勝…神戸はポドルスキ退場が響き連敗/J1第25節 – Goal.com
Goal.com札幌が強い!都倉4戦連続弾などで3連勝…神戸はポドルスキ退場が響き連敗/J1第25節Goal.com結局その後、スコアボードは動かず。ホームの札幌が32,475人の大観衆の前で3連勝をマーク。暫定で3位FC東京と勝ち点41で並んだ。一方の神戸はポドルスキ退場が響き2連敗となった。 □試合結果北海道コンサドーレ札幌 3-1 ヴィッセル神戸. □得点者札幌:菅大輝(11分) …コンサドーレ3連勝 3―1で神戸退ける北海道新聞札幌に「イニエスタフィーバー」前売自由席は完売日刊スポーツポドルスキが一発退場。札幌が神戸との上位対決制してACL出場へ前進フットボールチャンネルFootball ZONE web -ニフティニュース -スポーツ報知all 60 news articles »(続きを読む)

札幌FWヘイスが7月に契約解除…本人に海外移籍の意志固く「現在も交渉を継続」 – Goal.com
Goal.com札幌FWヘイスが7月に契約解除…本人に海外移籍の意志固く「現在も交渉を継続」Goal.comコンサドーレサポーターのみなさん、こんにちは。サポーターのみなさんとは、約2年半一緒に戦ってきましたが、チームを支えてもらったこと、自分を支えてもらったことを大変感謝しています。みなさんのおかげで、幸せな2年間をコンサドーレで過ごすことができました。J2優勝とJ1復帰&残留に貢献の札幌FWが海外移籍へ「いつかまたコンサドーレに」フットボールチャンネル【札幌】ヘイスの契約7月23日に解除していたスポーツ報知all 12 news articles »(続きを読む)

コンサドーレ札幌のペトロヴィッチ監督について質問です 1 ペトロヴィッチ監督のサ…
コンサドーレ札幌のペトロヴィッチ監督について質問です 1 ペトロヴィッチ監督のサッカーにフィットしている選手は誰ですか? 2 反対に少しフィットしていない選手は誰ですか? 3 戦術は浦和レッズ時代と近いのですか?(続きを読む)

コンサドーレの前回のJ1昇格と今回のJ1昇格の話。 2011年と2012年の石崎信弘監督時…
コンサドーレの前回のJ1昇格と今回のJ1昇格の話。 2011年と2012年の石崎信弘監督時代。 コンサドーレ札幌は2011年は残念ながらFC東京が独走で優勝を決められてしまい残念でした。 2位の確保はサガン鳥栖でした。コンサドーレ札幌は首位FC東京に2-1で勝利し徳島が敗れた為3位でJ1昇格を決めました。 それでコンサドーレ札幌は2012年のJ1は開幕戦で引き分けたものの第2節から7連敗してしまって第9節で初勝利を挙げたと思ったら再び9連敗をしてしまいました。 序盤戦から不調になり9月29日の川崎フロンターレ戦で敗れて7試合を残して 史上最速で9月にJ2降格が決まってしまい残念でした。 降格後10月6日のアウェイ初勝利を挙げた。 最終結果は最下位となってしまいわずか1年でJ2逆戻りで悔しかった。 ヴィッセル神戸とガンバ大阪とコンサドーレ札幌がJ2降格でした。 2013年からの4年間はJ2リーグを余儀なくされました。 2016年と2017年の四方田修平監督時代。 2016年は北海道コンサドーレ札幌は5月3日時点で首位に立って一度も譲る事無く独走していました。5年ぶりとなる函館開催で5得点で大勝しました。 11月20日のツエーゲン金沢戦で引き分けてJ2優勝とJ1昇格を決めました。 前回と比べると今回は優勝で昇格を飾られて2017年は11位でJ1残留を出来て良かったと思います。 それで2017年のJ1で開幕2連敗スタートで第3節で引き分けて第4節で初勝利して5月14日のガンバ大阪戦から6連敗を喫して7月1日の清水エスパルス戦で勝利し連敗脱出し8月26日の仙台戦と9月9日の磐田戦で16年ぶりの連勝をし10月14日の柏戦と21日のアウェイFC東京戦で2連勝し29日の鹿島戦で敗れたものの11月18日の清水エスパルス戦で勝利して16年ぶりのJ1残留を決めれて良かったです。12月2日の最終戦で勝利し見事3連勝で締めくくる事が出来て嬉しかった。(続きを読む)

コンサドーレ札幌のホームゲームと嵐のシングルの事 2009年7月11日土曜日に行われ…
コンサドーレ札幌のホームゲームと嵐のシングルの事 2009年7月11日土曜日に行われたコンサドーレ札幌対ロアッソ熊本で札幌厚別公園競技場でした。 2015年9月12日土曜日に行われたコンサドーレ札幌対横浜FCで札幌ドームでした。 この2つ両方は僕の事業所の行事・旅行と同じ日になった事も有りました。 嵐のシングルも合わせました。 2009年7月1日発売の「Everything」と2015年9月2日発売の「愛を叫べ」でした。 何だか印象に残りました。(続きを読む)