トルコリラについて ・トルコが経済破綻する可能性は高いですか? ・それはいつ頃…
トルコリラについて ・トルコが経済破綻する可能性は高いですか? ・それはいつ頃の可能性が高いですか? ・その時トルコリラはどうなりますか?(続きを読む)

トルコリラの投資信託(国際債権)がマイナスになってますがアドバイス願います。 姉…
トルコリラの投資信託(国際債権)がマイナスになってますがアドバイス願います。 姉が投資信託をやっています。 名前はアムンディ・欧州ハイ・イールド債権(トルコリラ) というものです。 約3年前から保有しているようですが 訳あって私がチェックすることになりました。 いくつかやってるうち他はプラスでしたが こちらのみ、評価額が60万くらいマイナスでした。 ずっと塩漬け状態のようで2000万円ほど投資してます。 チャートなど見たところ ずっと下落しており 3年前からは10000→6000円まで 落ちており、月々の分配金も250円と当初は高額でしたが、現在は50円まで下落していました。 トルコリラの為替が落ちてるからこちらも同様下落し続けてるようです。 姉いわく、数年前までは証券会社の営業から暴落などがありそうであれば連絡があり、他の商品に乗り換えたりしていたようですが トルコリラについては一度も連絡がないようで大丈夫だと思っていたらしいです。 このまま直近三年間と同じようにチャートと分配金が落ちたら間違いなく損失がみるみるうちに膨らみますが、投資信託はそもそもどこまで落ちるのでしょうか? あと満期が2021年なんですが、今現在分配金のお陰で損失も60万円で済んでます(私からしたら高額ですが)なので逆にこのまま保有し続けたら案外損失がもうちょいマシで済んだりするのかなと思って、売ったほうがいいと強くいえません。 逆に売らないでいたほうが長い目で見たら良いのでしょうか? 投資信託については初心者なのでイマイチわかりません。 毎日チェックするのが面倒な人が長期保有するのに向いていると聞いてますので 私は逆に気にしすぎなのでしょうか。 何かアドバイスをいただけますと幸いです。 私自身もたまに外為をやる程度でほぼ 初心者なので、認識が誤ってる部分があれば申し訳ありません。(続きを読む)

①トルコリラは通化防衛の観点からか利上げを続けていますが、利上げをして欲しく…
①トルコリラは通化防衛の観点からか利上げを続けていますが、利上げをして欲しくない 声もあるようです。どんな立場の人が利上げに反対なのでしょうか? ②トルコリラはここ10年下げ基調ですが 、トルコリラが上がるないし現状を維持するとすればどのようなシナリオが考えられるでしょうか? ①について、トルコのエルドアン大統領が当選したらトルコリラの利下げすると言っているというニュースをました。選挙対策でしょうから国内に少なくない数、利上げは困るぞって人がいるということだと思います。どういう立場の人が利下げを望んでいるでしょうか? ②について ネットでやたらトルコリラで15%くらいの利率という広告を見ます。米国が今年4回の利上げをしエルドアン大統領が公約通り金利を下げたら、トルコリラはさらに下落するとおもいます、素人の判断ですが。。 どういう展開になれば、トルコリラは現状維持ないし上昇すると考えられるのでしょうか? 知識皆無なので質問がおかしいかもしれませんが、詳しい方教えて頂けないでしょうかm(_ _)m(続きを読む)

トルコ中銀は、6.25%利上げで満額回答! トルコリラ/円が20円超えを目指すには…!? – ザイFX!
ザイFX!トルコ中銀は、6.25%利上げで満額回答! トルコリラ/円が20円超えを目指すには…!?ザイFX!原則、毎週水曜日に連載しているエミン・ユルマズさんのコラム、「トルコリラ相場の明日は天国か? 地獄か?」ですが、今回は特別に、トルコ中銀の大幅利上げ翌日というホットなタイミングで、緊急寄稿していただきました(ザイFX!編集部)。大幅利上げでトルコリラ相場は安定するか?まぐまぐニュース!トルコリラ18円台を回復 中銀大幅利上げで(9/13夜)FX羅針盤トルコ中銀、ガッツで政策金利を24%へ トルコリラ防戦へMarket Hack (ブログ)Reuters Japanall 120 news articles »(続きを読む)

焦点:暴落後も個人に人気のトルコリラ、東京市場で主要通貨入り – ロイター
ロイター焦点:暴落後も個人に人気のトルコリラ、東京市場で主要通貨入りロイター東京 14日 ロイター] – 8月の大暴落にもかかわらず、日本の個人投資家の間でトルコリラTRYJPY=Rが引き続き人気だ。主要国通貨を大きく上回る高金利が魅力だが、外国為替証拠金取引(FX)業者の積極的な営業姿勢も見逃せない。東京外為市場の対円取引高では5位に …and more »(続きを読む)