IDC大塚家具で購入したオープンボード(食器戸棚)のボード部分と食器棚との取り外…
IDC大塚家具で購入したオープンボード(食器戸棚)のボード部分と食器棚との取り外し方法についてわかる方、知恵をください。 引越しに伴って家具をマンションから出したいのですが、オープン ボードが高さが2mあるためドアから出ません。搬入の時に私が居なかったのでどうやって搬入したか嫁も覚えてないそうです。 下のボードと食器棚の継ぎ目に幾つかネジがあるのでそれを外せば‥と、思うのですがその後がどうなるか見当もつきません。 ご経験のある方、知恵をください。(続きを読む)

大塚家具は、30億円の赤字決算となり、手元資金も10億円程度しか残っておらず、ヨ…
大塚家具は、30億円の赤字決算となり、手元資金も10億円程度しか残っておらず、ヨドバシカメラの買収も断られ、もう倒産を待つだけなのですか。自力再建は無理なのでしょうか。(続きを読む)

『大塚家具問題 助言会社は何を見ていたのか 2018/8/15 12:30日本経済新聞 電子版…
『大塚家具問題 助言会社は何を見ていたのか 2018/8/15 12:30日本経済新聞 電子版 「大塚久美子社長の経営者としての実績について株主としての懸念を発見することはできない。 (久美子社長による)大塚家具の中期経営計画は、十分な根拠を有し、(久美子氏の父、大塚勝久前社長が作り上げた)現在のビジネスモデルの弱点に的確に対処し、国内家具市場の変化に対応できるように構築されたものである」 「(勝久氏による株主提案は)メディアの変化にもかかわらず従来型の広告宣伝手法を継続する理由の説明を欠き、(中略)高い数値目標の実行可能性について説得力のある説明がなされていない」。 2015年3月、大塚家具を舞台とした創業者の勝久氏と娘、久美子氏との経営方針を巡る対立。ついには定時株主総会で決着をつけるまでに事態は発展した。プロキシーファイト(委任状争奪戦)と呼ばれ行方が注目を集めた。その際に株主の投票判断に大きな影響を与えたのが議決権行使助言会社による推奨のコメントだ。冒頭のコメントは当時、大手の議決権行使会社2社から出されたもので、ともに大塚久美子社長の会社側の提案を推奨。久美子氏の経営手法をベタ褒めしていたに等しい表現が並んだ。』・・・議決権行使助言会社と議決権行使会社の名前が知りたいです。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。(続きを読む)